税込8000円以上のお買い上げで送料無料

カレーをもっとおいしく食べたい!

カレールウを買ってきて、煮込んだ具材に入れて仕上げるカレーはとても簡単ですが、どうもひとつ物足りない、と思った事はないでしょうか。
もちろん、ルウの種類を変えてみるのもバリエーションをつける一つの手ではありますが、それだけではやはり飽きが来たりしてしまいます。

具材の工夫等で、もっとカレーに旨味をプラスする事も出来るのです。

玉ねぎを甘く炒めて

カレーの具材といえば玉ねぎですが、他の具材とまとめて一緒に煮るのではなく、あらかじめ別に炒めてから加えると、たまねぎの甘さや旨味が出て、カレーにコクがプラスされます。

よくこういうとき、「飴色になるまで炒める」といいますが、必ずしも時間をかけてじっくり煮るのが正解というわけではありません。
プロの有名店だと、少し強火の中火で時間そのものはあまりかけずに一気に炒め、旨味を閉じ込めることを重視する、というお店もあります。

もちろんこの炒め作業のとき、焦がしてしまわないように気を付けましょう。

肉はやわらかく煮込んで

ビーフカレーなどのとき、お肉をできるだけやわらかく煮込むのもおすすめ。

この場合、煮込み作業のときは最初からカレールウを入れるのではありません。
圧力鍋でない場合、1時間くらい他のにんじんなどの根菜類や、上記の炒めたたまねぎなどと一緒に長時間煮込むと良いでしょう。
その際、あくがお肉からも野菜からも一杯出ますので、時々丁寧にとりましょう。

圧力鍋を使えば大幅に煮込み時間を短縮出来ます。

カレーに加える野菜

煮込むときはにんじんやじゃがいもなどの根菜類が定番ですが、ちょっと甘さとコクを強調したい場合はじゃがいもに変えて、さつまいもを使うのもおすすめ。
さつまいもは品種によって糖度も違いがけっこうありますので、お好みの甘さを見つけてみましょう。

カートに入れる

税込8000円以上のお買い上げで送料無料

おいしいものコラム

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」